MEMBERS

 

環境三四郎は今年で創立25周年を迎え、

研究者、国家公務員、メーカー勤務、コンサルタント、NPO,百姓などなど、

国内外で活躍するさまざまな人材を輩出しています。

ふだんは駒場の学生を中心に活動していますが、

勉強会、交流合宿、就職相談会など、

1年次でも社会人の先輩と交流できる機会が多く、

学生のときからネットワークを広げることが可能です。

 

ユニークなメンバーの一部をご紹介します。

​(カッコ内は入会期です。新入生のみなさんは26期になります。)

市川 智久

25期(新2年生)

所属:教養学部文科1類
ひとこと:
みずプロの責任者をやっていま
す!生物や自然に興味があるため三四郎に入りました。少しでも環境に関心があるという新入生の方は大歓迎ですので是非一度活動を見に来て下さい!

​上野 佳世

24期(新3年生)
所属:学習院女子大学 国際文化交流学部 日本文化学科
出身高校:横浜雙葉(神奈川)
印象に残っている活動:文化祭での紙漉き体験
趣味:かき氷を食べること
ひとこと:
こんにちは!環境三四郎は東大生から他大生、大学院生や社会人と様々な人が所属しているサークルです。とはいえ、他大生の人たちはうまく馴染めるか不安ではありませんか?大丈夫です!環境三四郎では、そうした大学の垣根を越えて仲良く活動しています😊ぜひ、新歓イベントに参加して雰囲気を感じてみてください!三四郎はいつでも誰でも歓迎してます😊メンバー一同、お待ちしてます!

​山口 空

23期 (新4年生)
所属:理科2類→ 農学部 応用生命科学課程 生物素材化学専修 森林化学研究室
出身高校:札幌南(北海道)
趣味:折り紙
印象に残っている活動:
グリーンコンシューマーになろう!キャンペーン(駒場生協購買部でのFSCやRAなどの認証品の紹介)
ひとこと:
期によっては女子の方が少ないこともありますが、男女分け隔てなく仲良くなれるのも三四郎のいいところです。駒場を卒業しても興味関心のさまざまな同期や先輩後輩と交流できる機会がたくさんあって楽しいです。

​木村 圭一

22期(新修士1年生)
所属:理科2類→ 農学部 緑地環境学専修→ 農学生命科学研究科 生圏システム学専攻 緑地創成学研究室
研究内容:乾燥地の緑化をテーマとした研究を行っています。学部4年では乾燥地に生える2種の植物の関係を研究しました。
出身高校:東京大学教育学部附属中等教育学校 (中・高・大と東大系列だね!)
印象に残っている活動:
みずプロの活動で小学生に授業できたこと。生態系などの話をわかりやすくこどもに教えるのはなかなか知恵が必要でしたが、よい経験となりました。
趣味:スキューバダイビング、LEGO
ひとこと:
今日、いや今後も重要視されていくであろう環境問題に関わりつつ、紙漉きや工場見学をはじめとする普段できない・やろうと思わない活動ができるのがこのサークルだと思います。興味があったら是非説明会に来てください!

森井 拓哉

22期(新修士2年生)
所属:農学部 森林環境資源科学専修(高専編入)→ 農学生命科学研究科 環境材料設計学研究室
出身高校:明石高専(兵庫)
印象に残っている活動:
プロジェクト活動のみならず、交流会のセッティングや、イベント企画も楽しい経験でした。
思い返せば至らぬ点ばかりでしたが、フォロー上手なメンバーのおかげで、かなり好きにやれていたと思います。
一番予想外な展開だったのは、小学校の宿泊プログラムの付き添いをしたことですね。三四郎のプロジェクトや、環境イベントを通じた他大生との縁が思わぬところで活きて、得難い勉強をさせてもらえました。
趣味:
こういう欄に「映画鑑賞」って書ける人になりたいので、映画行く人はぜひ誘ってください(笑)おすすめも教えてほしいです!
ひとこと:
今やあらゆる分野で「環境」はキーワードで、私の専攻でも、地球温暖化をはじめとした、世界規模の環境課題に対処すべく研究が行われています。しかし、実生活規模の環境課題にだって取り組むのは難しい…。何ができるのか考え、実践するために、あなたの意見を聞かせてほしいです!

春原(外山)麻子

(右から2番目)

9期(社会人)

大学時代の所属:
総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系 人文地理学教室
※在学当時の呼称で、現在は少し違うようです

研究、仕事内容:
修士課程で、「都市から農山村への移住」について研究。
修了後、その調査地だった和歌山県の山村に移住して、百姓しています。
自給的な有機農業、薪生活、藁草履作り、季節ごとの保存食・郷土食作り、地域活性化のための活動など。

出身高校:フェリス女学院(神奈川)

印象に残っている活動:
主にキャンパスエコロジー(例えばビラの節減・リサイクルのように、大学内の環境負荷を下げる活動)をやってました。まずは身近な、自分が直に関係する環境負荷を下げていきたいタイプなので。
三四郎の先輩たち(社会人になっても引退はないので)や、他大学の環境サークル仲間との交流も、幅広い視点を与えてもらい印象的でした。

趣味:大学時代は、離島へ援農に行くのが趣味でした。趣味を仕事にできて幸せです!笑

ひとこと:
自分なりの「環境関連の仕事」を、三四郎の活動等を通じて突き詰めた結果が、今の暮らしです。現代日本にこんな場所が、というようなド田舎ですが、今までに訪ねてくれた三四郎メンバーは20人。ぜひ遊びに来てください!

木戸 大介ロベルト

6期(社会人)
現在の所属:外務省北米第二課 首席事務官
仕事:米国及びカナダとの経済交渉。直近では、日米経済対話、TPP11の対カナダ自動車交渉。
出身高校:柏陽(神奈川)
印象に残っている活動:エコプロ(駒場祭でのキャンパスエコロジー活動)、割り箸から見た環境問題(1999 年度春調査プロジェクト)
趣味:水泳、スキューバ、チェス
ひとこと:
学生時代は、高校生と社会人の狭間に位置する貴重な瞬間です。この4年間+αは、間違いなく君の人生で最も短く感じるはず。だから、最初から全力で取り組んでほしい。今、自分の五感で世界に触れてきてください。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now